Oli Oli

日々のつれづれ

認知症を受け入れることの難しさ

f:id:linomahina:20190419201042j:plain

近頃「認知症外来」が盛況らしい。

夕方のニュース番組で特集が組まれていました。まあそれも宣伝の一旦なのかもしれませんが。

物忘れがひどくなったと自覚したり、周りの人から勧められて一緒に受診したり。自覚して受診するのがベストですよね。。でも気づかないことが多いし、「あれ?」と思っても「自分は大丈夫。」なんていう根拠のない理由でスルーしてどんどん悪化していくのが一番怖い。

放送で興味深かったのは、従姉妹と受診した80代の男性。同じく80代の従姉妹は認知症テストの様子を撮影OKだったのに、男性はNO。

やっぱり男性はプライドが高いんだな〜。男のメンツっていうかね。

 

どーでもイイ話だけれど、あのボクシング界を追放された元会長、本を出版したみたいですね。タイトルは『男 山根 無冠の帝王 半生記』。ウケる。思い返せば、件のニュースで沸いている時も『男、山根』を連呼していましたね。あのファッションといい、発言といい、精神年齢が幼稚なうえプライドだけは高く、そのせいで器の小ささが露呈していて、何て笑える人物なの!って興味深く遠巻きに見ていました。

 

閑話休題

 

従姉妹と男性の認知症検査の結果、男性は問題なく、従姉妹が健常と認知症の間のグレーゾーンで要注意、との診断が下されていました。

インタビューで女性が「ショックでした。」って語っていて、そりゃそうだよなあ、認めたくないよね〜。。

女性が受けた認知症検査では、検査官が言った言葉をそのまま復唱し、10個くらい言ったところで思い出せる限りの言葉を思い出して口に出す、というもの。

驚いたのは、相手が言った言葉をそのまま言う、ということが出来ないこと。耳が悪くて聞き取れないと弁解していたけれど、その言葉が理解出来なかったんじゃないかな〜と感じました。例えば、企画とか訪問者とか。黙っちゃうんですよね。黙って検査官の顔を見つめている。怖いなーと思いました。言葉が理解出来なくなるのか。。

わたしの両親も認知症で介護度3なので心当たりがあります。理解出来ないことは聞こえないふりをするか黙って私の顔を見つめるか、全然違うことを話し始めるか。

 

わたしは鬼娘で、数年間にわたり両親の認知症を見て見ぬ振りをしてしまいました。自分の親がそうなるなんて認めたくなかった。

これはいよいよオカシイぞ、かなりヤバいかも、、、と思って一緒に病院に行こうとしたのだけれど、やり方がマズくて病院に行くのを拒否。親のプライドを垣間見ました。さらに「俺たちを陥れようとしている」「そんなに俺たちが気に入らないならこの家から出て行け」なんていう妄言妄言を吐かれてしまい、腹がたつやらショックやら。で、また放置。

今は施設に入居して元気に過ごしていますが。

特に父はプライドが高い人で、根底には強い劣等感があるのだと今は思います。実家の片付けをしていて、父の自分を大きく見せるための様々なことを知りました。父も親である前にただ一人の人間で完璧ではなかったということですね。

自分が認知症である、と診断され宣告されるとはどういうことなんだろうか。

想像してみましたが、かなりショックで不安な気持ちになりました。

両親を見ているからどんな症状が出てどうなってしまうのかある程度知っているので、あんな状態になってしまうんだと思うと恐怖しかありません。

 

よく言われていることですが、認知症を予防するためには、規則正しい生活、質の良い睡眠をしっかりとること、運動をすること、外出すること、外出して人と会うこと。

父よりもかなり認知症が進行している母は、この全てをしていませんでした。だらしない生活、昼夜逆転の生活、風呂にも入らず歯も磨かず、もちろん外に出るのも嫌がって、特に人と会うことは断固として拒否してました。見るに見かねてわたしが言うと、暴言が返ってくる。

 

最近子供を出産し育児を楽しんでいる若い友人は、

自分の親が認知症になってボケてもちゃんとお世話が出来ると思う。だってきっと赤ちゃんに帰って行くだけなんだと思うから。赤ちゃんの世話をしてそう思ったの!

なーんて言っていたけれど。

これは実際に経験をしてない人が夢見るたわ言でしかありません。頭の中がお花畑。

赤ちゃんはね、プライドも育ってないし人生経験もないし、小さくて軽くて力も弱いし、暴言を吐くこともないからね。

認知症になった大人は、大人だから大きいし、重いし、意外と力もあるし、複雑な感情を持っているし、喋れるので憎まれ口や暴言やせん妄による妄言も吐くのです。

人によっては、寝たきりになってしまっても穏やかな人柄で介護が楽なひともいるだろうけれど、そんな人ばかりじゃないですからね。。

特に動ける場合はどこにでも行ってしまうし。自分だけの妄想の世界にいて、その妄想の中で出かけて行ってしまうから行動の予測がつかず、行方不明となってしまう。

 

我が息子に迷惑をかけたくないな〜と、今から認知症予防を意識しています。

運動を習慣にする、外出する、人と会う、人と話す、新しいことを始める。

あと、これは経験からなのですが、畑仕事を毎日しているご老人はいつまでも元気でシャキシャキしてますね。話し方もしっかりしていて、ボケてない。

やっぱり積極的に体を動かし、規則正しい生活、これにつきるのかな〜