Oli Oli

日々のつれづれ

寒露、甘露、鴻雁来たる。

f:id:linomahina:20181011211131j:plain

昨夜は雨の降りそぼるびしょびしょした音を聞きながらいつの間にか眠っていました。気づいたら午前1時を過ぎていて、ぼんやりと南側のサッシを締め、電気を消し、あったかい布団に潜り込む。

朝は明るくなってから目が覚めました。雨は止んでいて、薄い雲の隙間から青空が覗くような朝でした。

昨日は今まで逃げていたことから対峙しなければならなくなり、ちょっと泣きそうな気分でした。

逃げていたから、こうなった。口先だけで偉そうなことを言い、嫌なことを避け逃げ回っているといつか、その何十倍もの力を振り絞って向き合わなくてはならなくなる。

人生をやり直したい気分です。

ゲームだったらリセットボタンを押せば簡単に最初からやり直せるけど、人の生きる道はそうそう簡単にはいきません。

昨日の出来事を引きずって、午前中は呆然としながらhuluで『リトルフォレスト』なんか観てしまいました。

逃避、ですね。笑

一昨日の、天秤座の新月の日から白砂糖断ちをしています。始めてまだ3日目だけど、なんの苦もありません。タイミングがよかったのでしょうね。

朝起き抜けに白湯を一杯。そのあとに、生蜂蜜をティースプーン1杯いただく。これがめちゃめちゃ美味しくて、細胞に染み渡ります。甘みはこれで十分。

スーパーで売られている蜂蜜は加熱してあるもので、非加熱の蜂蜜は出回りません。縁あって非加熱の生蜂蜜を手にいれるようになり、その美味しさと香りに毎度感動します。口に含むと、鼻に抜ける花の香り。この蜜は花から分けてもらっているんだってことが実感できます。感動。

アムリタ。

不老不死のエッセンス。

意識が内側へと向いていて、ネットを少しだけ離れて心を彷徨わせていたら、もう寒露の時期だったのですね。朝晩の冷え込みがはっきりと感じられるようになりました。

朝方の草の葉に宿る露が思いがけず冷たくてハッとします。

お祭り騒ぎの夏はとうに過ぎて、自分と向き合うdeepな秋です。