Oli Oli

日々のつれづれ

星とUFO

f:id:linomahina:20180812053851j:image

昨日は新月でしたね。獅子座の新月

新月の魔法というお遊びがあります。新月に願い事を10個書くと叶うというもの。10年くらい前に知って数年間毎月書いてました。

お遊びですが、書くときは真剣です。書いたことはかなりの確率で実現しました。

自分が何を望みどんな人生を送りたいのか向き合う時間。書き出すことで思考の整理が出来たり、実現にむけて無意識に行動を開始するので次々と願いは叶いました。

鬱々になってからはやる気力もなくここ数年は書いてなかったけど、今回は書いてみました。

書く前にベランダに出て新月の夜風に当たりながら空を眺めました。星空を眺めることも、鬱々になってからしていなかったなぁ。こんな他愛もない、けれど豊かな時間の使い方が出来るようになってささやかに嬉しい。鬱々が良くなってるってこと。

 

最近は日が暮れてくると西の空に輝くのは金星。ひときわ明るい星で、占星術的に私の守護星。夜になると低い位置に赤く輝く火星が見えます。

明るい星を見るとUFOかも⁉︎なんて思います。

何故なら、夜空を眺めていた頃はよくUFOを見たから。

あ、今引きました?でもねーホントよく見たんですよ。

高校生の時は部活中や部活が終わって部室に戻る時、いくつものUFOが浮かんだり不規則に動いたりしてて、それを部活のみんなと一緒に眺めてたものです。あ、また居るね〜!的に日常でした。そういう土地だったのかも知れません。

短大を卒業して会社員になり夜遅く駅から帰宅途中、西の空に一際輝くの大きな星があって、見つめながら自転車漕いでたんです。

金星かな?にしてはデカくね?

そしたら、そのデッカい星がヒュッと上に上がり左右に揺れ出して。

家に飛び込んで母に叫びました。

お母さん、UFO!UFOだよ!

私の話を信じない母に見せたかったのです。

UFOは物凄いスピードで私の頭上を東へと飛び去って行きました。残念ながら母は間に合いませんでした。

日常生活に溺れいつしか夜空を眺めることもなくなり、UFOのことは忘れてました。

また見たいなぁ。