Oli Oli

日々のつれづれ

気になる部屋

そこはお隣の大きな農家の家作で、2階建4室のこじんまりとしたアパート。

昔は平屋の長屋が2軒建っていて、レンギョウや雪柳などの生垣が美しい一画でした。この町を離れている間に昭和な長屋は取り壊されてアパートになっているのを見たときにはちょっと寂しかったなあ。

東側の1室には知り合いの家族が長く住んでいましたが、いつの間にか引っ越して、しばらく空室になり、なかなか人が入らないのねー、駅から遠いからかな?なんて思っていたある日。

道から台所の出窓が見えるのですが、曇りガラスを通してプラスチックトレーがうず高く積み上がっているのが見えました。

ん?

前の家族が置いてった??なんてことはないよね。清掃業者、入るもの。

そして日に日にそのトレーの占有面積が増えていくのです。

もしや、人が住んでる??

でもねー、その部屋はいつ通っても雨戸がぴったりしまってるんですよ。開いているのを見たことがない。365日、everyday。

そんなある夜11時過ぎに部屋の前を通ったらテレビの音が聞こえて来ました。あ、人住んでるんだ。。一人暮らしで夜勤の人かな?それとも朝早くて夜遅く帰ってくる人?にしても、休みの日くらい雨戸を開けて太陽の光と風を通したくなるものだと思うんだけど。。。。

なんだか気になってしまって、想像が膨らみます。

さらに先日は、お昼過ぎに通ったらまたテレビの音が聞こえていて、あ、いるんだ、、と思いましたね。でも雨戸はぴっちり閉まったまま。

うーーん。物好きにもほどがありますが、想像しちゃいました、部屋の中を。

実は最近、ネットウォッチしててイケハヤランドの画像をアップしているサイトに行き着きまして。野次馬根性丸出しで拝見させて頂きました。いやーー、、何というか、片付けられない人典型とも言えるような散らかりようでびっくりしました。彼はプロブロガーで稼いでいる有名人、と認識していて、そういう人は頭脳明晰、脳内はそのまま環境に映し出されるので、さぞ家の中や周囲はきっちり整理整頓されているんだろうなあ、なんて勝手に思ってたのでかなりの衝撃度でした。

その画像を思い出しちゃいました。

前の家族が出て行ってもう3年くらい経ちますが、3年間一度も開いたことのない雨戸。うず高く積み上がるプラスチックトレー。ちなみに、地域のゴミ集積所はアパートの目の前です。歩いて10歩以内。

部屋の中は一体どんなになっているのでしょう。

そしてどんな人が住んでいるのか??引きこもり??

いまだにその住人には遭遇したことがありません。謎。

買い物に行くとき、駅に行くとき、必ず前を通らなくちゃいけないので、これからもウォッチしていこうと思います。