Oli Oli

日々のつれづれ

通勤通学電車のマナー

週に一度、通勤通学ラッシュの時間に電車に乗ります。

学校が休みの時期は混んでいてもゆとりのある車内ですが、新年度、新学期が始まった今、電車内はかなり混み混み。

今朝は不思議な光景を見ました。

 

駅に着くともうかなりの人たちが整然と並んでいます。わたしが乗る電車では乗車位置を示す部分に2列になって並んで待つのが通例になっているのですが、ある列の横、乗車位置から外れた所に列が出来ていました。つまり、ある場所だけ電車を待つ人の列が3列になっていたのです。

わたしは乗車位置に並んでいる列に並びました。前から5人目くらいでした。後からどんどん人がやって来て、外れた列にも10人くらい並んでいました。次の次の電車に乗るための列なのかな?と思っていたら、違いました。

滑り込んで来た電車のドアが開くと、乗車位置に並んでいた列の人が前に進み、ドアの両側に分かれます。すると外れた列の人たちもドアへ近づき、そして横入りして行きました。

この駅を何年も使っているけれど、こんな風に横入りする大人を見るのは初めてでビックリ。ちなみに、わたしが住む地域は関西ではありません。(以前関西では横入りが当たり前だから関東のように並ばなくていいよ、と言われて、実際大阪に行った時にはそうでした。笑 たまたま?ホントにそうなのかな?)

横入りの列を作った人は関西の人なのかな?そして誰も注意しないのね。わたしもだけど。

来週もその列に並んで、同じことが起きたら注意しようかな、なんて思ったのですが、その列に気持ち悪い男性が今日も並んでいたので来週からは場所を変えようかな。

気持ち悪い男性は、列に並びながら身体を斜め横に向けて、来る人々、並ぶ人々を上目遣いでジトーーーーーーっと見ているのです。2週間ほど前、うっかり目が合ってしまい、目があうと視線を逸らさず、ジーーーーーーっと見て来るのです。無表情で口を半開きにして。わたしは負けん気が強いので大抵のことは受けて立ちますが(笑)、あの男性は関わると面倒な感じ、ちょっとヤバい感じがプンプンだったのでスーッと視線を外しました。逃げるが勝ち。

 

ドアが開いて電車に乗る時にも不思議な人発見。

30代くらいのサラリーマンがドアの前でこちら側に向いて立ち、微動だにしないのです。笑

しかも人が通りやすいように身体を横にするとか斜めにするとかも一切せず、ドアの方をまっすぐ向いたまま。電車の中からは次々と人が降りて行くのに、出口の1/3くらいがその男性によって立ち塞がれているために流れが悪い。電車に乗る時もその男性が明らかに邪魔になっているのに絶対に動かない。無表情で斜め上あたりを見つめている。なんなんでしょう。笑

推測するに、乗り換えをスムーズに行いたいためにドアの前に陣取っているのでしょうけど。

headlines.yahoo.co.jp

横入りのオジさんオバさんも立ちはだかるリーマンも電車通勤1年生では決してないと思いますが、マナーって知らないんでしょうか?

大人で、社会人で、会社で一生懸命仕事をしているのだろうけど、社会人としてどうなの?って思いました。もし自分の親や兄弟が同じ事をしていたら軽蔑する。子供だったらこんこんと説教です。

 

自分さえ良ければいいという自分勝手、利己的な生き方をしていると、その見返りは必ず人生のどこかで現れて来る。蒔いた種は必ず芽が出る。“何故こんなことが”とか”なんで俺が、わたしが”と思うことが必ず起こる。そこで気づいて直せればいいけれど、例えば横入りのオジさんくらいの年齢だと考えが凝り固まっているから直せないんだよね。

自分がとった行動は必ず自分に返ってくる。

 

最近『老害』が言われるけれど、思うに、彼らは家族に大切にされていないんじゃないのかな。または大切にされているのにそれに気づけずにいる、または家族を大切にせず一人になって、心を許し信頼する友達もいないんじゃないのかな。

自分さえ良ければいいって利己的に生きていると、家庭にも居場所がなくなるし、家族から大切にされない。結果、大切に思われていない、愛されていないっていう寂しさが怒れる老人・中高年になっているんじゃないだろうか。本当は、とっても悲しくて寂しいんだと思う。悲しいから、寂しいから、それが怒りになってとんでもない事を言ったりしたりしちゃうんじゃないかなあ。かと言って同情はしないけれど。

 

立ちはだかるリーマンにちょっとムッとしながら押し流されるようにして電車に乗ると、目の前にJK。留学生なのか、日本に住んでいるのか、インド系の彫り深いエキゾチックな顔立ちのJKが苦笑してました。わたしの後ろに友達がいたみたいで、彼女と目を見合わせながら苦笑していて、わたしも苦笑い。体の向きを変えることも出来ないほどギュウギュウだったので笑うしかないよね。彼女の、ちょっと離れたところからこの状況を見ている感じがとっても良くて、わたしも見習おうと思いました。悪意を感じる状況に巻き込まれないように、自分の行動を選ぶ。

 

どうも今まで並んでいた場所にはおかしな人たちが現れるようになったので、来週からは場所を変えようと思います。一本前にすればもう少し空いているかな。嫌な状況に甘んじる必要ないものね。

早く行くと時間があるから、ちょっと遠回りして緑の多い雰囲気の良い道を歩いて行ってもいいし。そうだ、水筒に熱い珈琲を入れて、あのベンチで一息入れてから行くっていうのもいいな。

f:id:linomahina:20180409155718j:plain

なんだか楽しくなって来ました。笑